メルマガ12月号

こんにちは。

2016年12月メルマガ担当の長谷です。

 

 

今回のテーマは、今盛んに報道されている

「配偶者控除」です。

 

 

11月より各社新聞やニュースを賑わしている

上記テーマ「配偶者控除」。

 

12月22日政府は制度変更を閣議決定をいたしました。

 

平成30年1月より実施する方針との報道がなされ

ました。では実際どのように変わるのか?

 

 

そもそも現行制度はどのようなものなのか

探ってみましょう。

 

 

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

現在の配偶者控除のおさらい!

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

 

 

まず、会社員の夫とパートの妻を思い浮かべて

現在の配偶者控除を簡単に確認しましょう。

 

 

【 夫:会社員/妻:パート 】

 

妻の年収が…

【103万円以下の場合】

配偶者控除38万円(夫の年収制限なし)

 

【103万円以上176万円未満の場合】

控除の名称も配偶者特別控除となり

38万円~3万円と妻の年収に応じて徐々に

控除が減っていく(夫の年収制限あり)

 

 

これが現在の配偶者控除の仕組みです。

 

 

よって年末繁忙期にパート先の店長に

残業をお願いされても、103万円の壁を

超えると控除が減っちゃう・・・

 

 

世の主婦パートさんは年末で忙しいのは

わかっていながら勤務時間を増やせない

のですね。

 

 

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

配偶者控除が150万円以下になると?

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

 

 

現在の103万円の壁に対して、

今回の実施方針としてあげられた

103万円以下→150万円以下への変更は

どのようなものなのでしょうか?

 

 

 

それは妻の年収を上げ、夫の年収に

制限をつけるような内容になっています……

続きはメルマガ登録へ