メルマガvol.31

こんにちは。

2018年2月号メルマガ担当の長谷です。

 

今回は1月よりスタートした、つみたてNISA

についてのお話です。現行のNISAにも触れ、

違いも見ながら確認してみたいと思います。

 

 

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

利用期間が長くなった新しいNISAスタート!

 

――――――――――――――――――――――

 

 

 

2018年1月から『つみたてNISA』がスタート

2014年から始まった現行『NISA』2016年には

『ジュニアNISA』がスタートしており、

選択肢がまた増えることになりました。

 

 

3つに増えたNISA。

 

ここでもう一度基本的な違いを少しおさらいして

みましょう。

 

以下が各項目での違いとなります。

 

 

【 対象年齢 】

現行NISA   20歳以上

ジュニアNISA 0歳~19歳

つみたてNISA 20歳以上

 

 

【 利用期間 】

現行NISA・ジュニアNISA

・・・5年

つみたてNISA

・・・20年

 

 

【 年間非課税枠 】

現行NISA   120万円

ジュニアNISA 80万円

つみたてNISA 40万円

 

 

【 運用できる商品 】

現行NISA・ジュニアNISA

・・・日本株・一部外国株・投資信託

つみたてNISA

・・・所定の投資信託(2018年2月13日現在144本)

 

 

【 節税効果 】

現行NISA・ジュニアNISA

・・・運用益・分配金・配当が非課税

つみたてNISA

・・・運用益・分配金が非課税

 

 

【 出金 】

現行NISA   いつでも自由

ジュニアNISA 18歳まで不可

つみたてNISA いつでも自由

 

 

資産形成の目的は様々ですから、現行NISA

では使いづらかった投資初心者の方も

つみたてNISA登場で長期間腰を据えて

コツコツ投資できる選択肢が増えましたね。

 

 

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

資産づくりの選択肢を広げる

 

――――――――――――――――――

 

 

 

NISA導入のきっかけは、日本の金融資産

の5割強が預貯金で眠っている現状を鑑み……

続きはメルマガ登録へ