メルマガ6月号

こんにちは!

2017年6月メルマガ担当の長谷川です。

 

 

今回は、平成29年度税制改正の中から

この夏、身近で話題になりそうなものを

二つ選んで書いてみたいと思います。

 

 

 

□■□■□■□■□■□■□■□■

 

到着地免税店の導入

 

――――――――――――――――

 

 

 

7月、8月は海外旅行のトップシーズン。

 

 

旅行を計画する方から、お土産の免税品

はどこで買うのがいいのか、

 

復路到着(日本国内)空港で

購入できるのか?

という質問をよく受けます

 

 

答えは、成田空港でも関西空港でも

免税店は出発客のみが利用可能で、

到着客用の免税店はありません。

 

免税品は海外(空港内など)の免税店か、

航空機内で購入してください。

 

 

出発地空港の免税店は、手荷物を預けた

あとのエリアにありますので、購入した

免税品は機内に持ち込むしかありません。

 

 

かさばる荷物を機内で持て余した経験の

ある方も多いでしょう。

 

 

さらに近年航空社会の保安基準の厳しさ

から液体の機内持ち込み制限が厳格になり、

空港で携行品が没収されるという

トラブルが多発しています。

 

 

特に乗り継ぎ便を利用する場合は、

注意が必要です。

※化粧品(マネキュア、口紅)

食品(味噌、マヨネーズ)なども

液体と判断される場合があります。

 

 

※詳しい機内持ち込み方法などは、

購入先の免税店や、

航空会社にお尋ねください。

 

 

 

□■□■□■□■□■□■□■□■

 

平成29年4月より到着エリアに

携行品免税制度が適用

 

――――――――――――――――

 

 

 

「到着空港でも免税品が買えるように

してほしい」という利用者の要望と

空港の国際的競争力のアップ、

国内消費の増大というニーズが一致して

本年4月より国際線到着エリア内での

携行品免税制度が適用になりました。

 

 

ただし、免税店ができた時点で

摘要ということで……

続きはメルマガ登録へ