メルマガ11月号

こんにちは!

 

エフピーキューブメルマガ2015年11月号です。

 

 

今回の担当は長谷憲人です。

よろしくお願いします!

 

 

さて、今回は【がん】をテーマに

お伝えしたいと思います。

 

 

 

最近、エンタメニュースで頻繁に報道されている芸能人のがんでの訃報や闘病手記。

 

 

情報がリアルタイムで入ってくる分、

身近に感じませんか?

 

 

 

もし自分が『がん』になったら不安なことって

なんですか?

 

 

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

『がん=不治の病』?

 

――――――――――――――――――――――――――――――

 

昔のイメージはそうだったかも知れませんが、

現在は画期的な検診法や治療法があり、

研究は、日進月歩。

 

 

仕事をしながら、がん治療をする人は約32万人

にのぼるのです。

 

 

不治の病から治る病へ変貌を遂げつつある『がん』。

 

 

以前より、死への恐れは遠ざかったけれど、

経済的不安は変貌を遂げているのでしょうか?

 

 

――――――――――――――――――――――

  • 『がん』になるとまだまだ社会的に苦しい?

――――――――――――――――――――――

 

 

みなさん、ご存知でしょうか?

 

 

厚生労働省の調べによると、『がん』になった勤務者のうち

34%が依願退職または解雇されているのです。

 

 

不治の病でなくなった『がん』も、まだまだ偏見や

働き方への会社の理解が追い付いていません。

 

 

また、同僚への負担を考えて身を引く等、

共存は、なかなか難しいようです。

 

 

 

職場復帰をしたくても、抗がん剤治療・放射線治療

の影響で、脱毛・爪のはがれ・顔の変色等人に

見られる苦痛で外に出られない。

復帰を躊躇するということもあるようです。

 

 

国立がん研究センターで、治療に伴う身体症状の

苦痛度を調査した報告書を見ると……

続きはメルマガ登録へ