メルマガ6月号

こんにちは!お元気ですか

 

エフピーキューブメルマガ2015年6月号です。

今回の担当は、長谷川 孝一です。

 

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

(1)今月は『先進医療と白内障』についてです。

 

――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――

■最も多く利用されている先進医療技術は・・・

――――――――――――――――――――

 

私の家族や知人にも白内障の診断を受けた、手術をしたという人が

かなりいます。

 

私たちにとって身近な病気と言ってもいいかもしれません。

 

そんな病気に先進医療技術が利用されています。

 

白内障とは、眼球内の水晶体が白色や茶色ににごり、

物がかすんでたりぼやけて見えるようになります。

 

発展途上国では、失明原因の第一位です。

 

 

 

45歳以上の人に多く、年齢を重ねるにつれて割合が増加し、

80歳以上の高齢者はほとんどの人で白内障の症状あると

言われています。

 

老化以外でも他の病気が原因で発症することもあります。

 

これらの原因と区別するため、加齢による白内障は特に

『加齢性白内障』と呼ばれています。

 

50代の半数がこの症状を患っているという報告もあります。

 

 

――――――――――――――――――――

■白内障の手術は?

――――――――――――――――――――

 

治療は眼内にレンズを挿入するような手術を行っています。

 

以前には、膜を大きく切って切開創(約12mm)を作り、

水晶体を丸ごと取り出す手術が行われていましたが、

麻酔に伴う痛みや入院を必要としていました。

 

 

最近は医療技術の発達により、濁った水晶体に超音波を使って

レンズを挿入します。

 

さらに新しい方法も開発され、切開の幅も3㎜以下で行うことが

可能になりました。

 

 

手術の時間も数十分で終わり、いわゆる「日帰り手術」が可能になり、

負担がかなり軽くなりました。

 

眼科手術の中でも安全性の高いとはいえ・・・・・・

 

続きはメルマガ登録へ