メルマガ7月号

こんにちは!お元気ですか。

エフピーキューブメルマガ2015年7月号です

 

今回の担当は、星崎明子です。

 

 

5月30日の小笠原震源のマグニチュード8.5の地震や

浅間山、口永良部島など、日本各地での噴火や地震

のニュースを耳にすることが多くなっています。

 

 

そんな非常時の備えとして地震保険があります。

3.11東日本大震災以来注目を浴びていますが、

今一度、おさらいしたいと思います。

 

今回は、そんな地震保険をクローズアップしていきます。

 

 

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

■地震保険とは・・・

 

――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

建物や家財が、地震または噴火・それによる津波を原因として

損害を受けたときに、保険金が支払われるます。

 

加入の際は火災保険とセットで申込みをすることになっています。

 

気を付けたいのは、地震が原因の火災は、火災保険では補償されません。

地震保険で補償されるというところです。

 

地震保険の保険金額は、火災保険金の30%~50%の範囲内で、

建物は5,000万、家財は1,000万が、契約の上限になります。

 

 

火災保険は、実際の損害額に応じて保険金が支払われます。

しかし、地震保険では損害の程度に応じて3区分され、

一定の率を用いて計算されます。

 

 

建物の構造や都道府県によって、保険料が異なり、

免震や耐震性能などによって、割引制度があります。

 

ちなみに、北陸・中国・九州地方などは、保険料が、6,500円のところ

関東・東海地方では・・・

 

 

続きはメルマガ登録へ